Parallels DesktopでFedora6

何度も何度も躓いたわけですが・・・・(苦笑)
メモリの設定量を512MBにしたらすんなりとインストールできました。1Gに設定してたのがだめだったようです。

現在、MacbookProに、OSX、WindowsXP, Windows2003Server(実機用意したいけど、IPも足りないし電源も足りないorz),Fedora6が同居するかたちとなりました。
HDDがぜんぜん足りません(笑

BootCampで、多めにパーテーションを切ってしまってるのが敗因です。Parallelsがこんなに快適だとは思わなかったから設定しちゃったんだよね(>_< ) 時間ができたらクリーンインストールをして、外付けHDDも活用しながらうまく同居できるようにしたいなと思います。 fedora6

操作パネル 続

はやく作らなきゃと思いつつ、FLASHで作ってしまうと元のSNSの色合いとはぜんぜん違うものが出来上がります。(だってフラッシュだから仕方ない・・・といえば仕方ないのだけれども・・・)

改めてHTMLでAjaxを使う形でと思い直し、元のサイトのCSSの設定を生かす形でデザインを再度作成してみる




遊び心がなくなった気がするorz
うまく考えがまとまらないまま、図を書いては捨ててみたり拾いなおしてみたりしています。能率悪いんだけど気にいらないので進まない(涙)
少しずつ少しずつ進めます。

NEKOGET PNESKINのほうももうちょっとちゃんと頑張りたい。
やりたいこととしてはUSバナーを自動生成させたい。(Name’sのほうは数行書き足せば追加できる状況)
外部ページからのログインのためのHTMLテンプレートを自動生成させたい。
つまりNEKOGET PNESKINで生成したHTMLテンプレートを付けちゃおうということ。
ログインフォームだけのログインページではなく、テキストをちょっとだけ追加したいとかそういう需要に対応できるようにしたいなという感じに思っています。

いっそのことpukiwiki用のテーマファイルをSNS用のスキンと同時に生成して吐き出させてもいいかもしれない。720幅のちょっとこじんまりとしたデザインになるだろうけど、pukiwiki+SNSという組み合わせも素敵かもしれない。MTという選択肢もある。
XOOPS用のテーマスキンを生成してもいいかもしれない。

課題が一杯です。

操作パネル

NEKOGET MYFACE(あばたーシステム)の操作パネルをデザイン中です。
FLASHかAjaxで作るのがよさそうな感じです。とりあえずはFLASHで作成中。SNSに組み込むため、メンバーIDと連動して動くように考えながら作っています。

操作性を無視した形の操作パネルはすでに動作していて、表示まで問題なく動いています。FLASHでの作成は最初まったく考えていなかったので、アクションスクリプトに読み込ませるデータをPHPで吐き出させるためのコードを現在作成中です。

NEKOGET PNESKIN(SNS用スキンジェネレーター)と同じく動作サンプルをサイトにいずれUPすることになりますが、SNSとの連動なのでSNSも設置せねばいけないかな?なんて考えています。

遅々とした進捗ですが、少しずつ少しずつ進んでいます。

NEKOGET MYFACE(アバターシステム)

NEKOGET MYFACE(アバターシステム)を開発をしています。
NEKOGET PNESKIN(スキンジェネレーター)に飽きたわけではありません。やりたいことが増えただけです(笑)
時間が無くてほったらかしになっていたことはここだけの内緒にしておいてください(笑)

さて、進捗状況ですが
単体で動くプロトタイプの状態までは出来上がっています。

  • アイテムを選択し、装着
  • 装着した内容を保存
  • 呼び出して表示

単純にこんな感じで動いています。

今回は外部の便利サービスアプリという感じではなく、SNSに埋め込むモジュール的なものにしたいと思います。

Parallels Desktop続報

快適に使っています。

作業中少しこまったのが、日本語英数の変換です。私の環境は当然ノートですから、WIN用のキーボードを繋いでの利用は前提としていませんし、繋いでも変換は その度にタッチパッドで手動で変換をしていました。これではとても不便です。

で、検索をした結果cmdspaceというソフトウェアを発見

http://www.h5.dion.ne.jp/~pollux/

alt+スペースキーで変換の切り替えが出来るようになりました。
現在parallels Desktopに1Gのメモリを割当て、利用しています。
速度的にもストレスはなく、快適です。

現在BootCampの領域を仮想化していますが、仮想イメージをつかって試用をしたときとさほど速度はかわらないように思います。ひょっとしたらBootCampをやめて仮想イメージに乗り換えるかもしれません。

NEKOGE PNESKINサイトを更新

XOOPSでつくってある自サイトの更新をひさびさに行いました。新機能を搭載したNEKOGET PNESKINプログラムにmixボタンからリンクを張るための作業です。

セクションモジュールを使っていますが、そのままだと何のページがわからなくなるので、これに表紙となるページを挟み込んでみたわけです。これの更新をするためにはFTPでデータをアップしなければならないわけで・・・・(笑) 結局楽をしようと思いつつ手間がかかってます。

自分が使いやすいようにメンテをし、育てていくプログラムのひとつにXOOPSのモジュールがあるという感じですね。

このブログと、サイトのブログを分ける必要性を最近あまり感じなくなったので、XOOPSの中のブログに統合してしまおうかと思っています。現在うぇブログモジュールを使わせていただいていますが、OpenPNEのRSS登録ができない為乗換えを検討しています。この機会に統合してしまおうかと思います。

OSXでSVNで文字化け

OSX上でSVNXを使用していましたが、同じSVNのスペース(という表現でいいのかな?)を利用している方よりログが文字化けていて読めませんという連絡をいただきました。

さすがにまずいので、SVNXの使用を中止しました。

BootCampでXPをインストール
作業環境を構築中です

MAMPインストール

http://www.mamp.info/en/index.php

OSXのWeb環境構築パッケージMAMPをインストールしました。

上記URLから、OSX用(intelMac用)をチョイス

Platform: INTELと書かれているMAMP1.4.1です。

これでローカルでのテスト環境ができました。

Mysql PHPが使えるのはわかっていましたが、SQLiteが使えるようです。興味があるので、試しに触ってみようと思っています。